Fリテイリ株2カ月ぶり上昇率、春物期待で「買い」と野村証

第1四半期決算を開示したファース トリテイリングの株価が大幅高。足元の収益はさえなかったが春物商戦 に期待と野村証券が投資評価を「買い」に上げ、2カ月強ぶりの値上が り率を記録している。

Fリテイリの株価は一時前日比で880円(7.3%)高の1万3000円ま で上げた。昨年11月4日以来の値上がり率になる。午前10時40分現 在でも6.9%高と東証1部上昇率で首位。13日開示した第1四半期(9 -11月期)決算は、国内事業不振で純利益が前年同期で35%減った。 今期(2011年8月期)は売上高予想を従来比1.2%少ない8460億円に下 方修正したが、利益予想は510億円を維持した。

野村証券の正田雅史アナリストは14日付のリポートで、衣料品アジ ア最大手のFリテイリについて「経費削減で足元業績の底が見えた」と 指摘、春物商戦販売回復の可能性も加味したと投資評価を「中立」から 引き上げ、目標株価も1000円高い1万4000円に上げた。

ジャパンインベストの大和樹彦アナリストはFリテイリについて「売 上高だけでなく利益見通しも下げる可能性があると見ていた。原材料高 などもある中で、自信の根拠を見極めたい」との見解を示した。

野村証以外のアナリストはFリテイリの評価を変えていない。JPモ ルガン証券は、「アンダーウェート」(目標株価9300円)、バークレ イズ・キャピタルは「アンダーウェイト/ポジティブ」(同9900円)、 日興コーディアル証券は「中立」(1万4400円)としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE