豪クイーンズランド州、洪水で観光産業が打撃-豪ドル高でさらに逆風

オーストラリアのクイーンズラ ンド州が洪水に見舞われた際、ダイアン・オクトリンさんは夫婦で 経営する観光施設「クイーン・メアリー・フォールズ・キャラバン・ パーク」が水浸しになるのを黙って見ているしかなかった。通常は 書き入れ時なのに儲けが台無しになってしまった。同様に、同州の 観光産業の多くが洪水に沈んでしまったようだ。

洪水のため、オクトリンさんは固定電話が不通になったほか、 彼女が観光施設を営む州都ブリスベーンから150キロメートル南西 にある町、キラーニーに続く道路も遮断された。オクトリンさんは 電話で「これまでかかってきたのはすべて解約の電話だった」と述 べ、「どうすればクイーンズランド州の観光地に人を呼び戻せるのが 分からない」と嘆いた。

洪水が昨年11月末に起きて以来、死者は最低26人に上り、ク イーンズランド州で12万2000人を直接雇用する観光産業を脅かし ている。年間の観光産業の輸出収入は約40億豪ドル(約3300億円) と、石炭に次ぐ規模となっている。

シドニー工科大学の上級講師、デービッド・ベアマン氏は、「世 界の人々はこういった洪水を忘れないから、観光産業は大打撃を受 けるだろう」と指摘。「クイーンズランド全体が湖のようになってし まったという印象が生まれるだろうが、それが最初に対処しなけれ ばならない認識だ」と述べた。

洪水は、過去最高水準付近にある豪ドルで打撃を受ける同国の 観光産業にさらに追い打ちをかける。豪ドル高でオーストラリア人 が海外旅行するのは安くなるが、外国人の同国への旅行は高くなる。

JPモルガン・チェースの豪州担当チーフエコノミスト、ステ ィーブン・ウォルターズ氏によると、洪水被害は最大130億豪ドル と、豪州の国内総生産(GDP)の1%に達するという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE