ジム・ロジャーズ氏:金相場は当面下落も-コメは有望な投資先

ロジャーズ・ホールディングスの ジム・ロジャーズ会長は、約10年にわたる上昇で最高値を付けた金 相場は下落に向かう可能性が高いとの見方を示した。同氏は1999年 に始まった世界的な商品相場上昇を正確に予想した。

ロジャーズ氏は13日、シカゴでの企業幹部向けのプレゼンテー ションで、金相場は「しばらくの間は下落する可能性がある」ものの、 「この10年で1オンス当たり2000ドルを上回るだろう」と述べた。 同氏は金と銀、コメに投資している。ニューヨーク金先物相場は先月 7日、過去最高値の1432.50ドルを付けた。13日終値は1387.00ド ル。

ロジャーズ氏は「私はむしろコメを保有したい」と述べ、「金よ りも相場が抑えられているものを保有したい」と語った。

同氏はアジアを中心とした途上国での需要増加を背景に、農産物 関連の商品相場が「ブームを迎える」と予想。すべての商品相場はド ル安に支えられるだろうと述べた。米連邦準備制度理事会(FRB) のバーナンキ議長が景気支援のための米国債購入により「紙幣を印刷」 していることで、ドルの価値は下落していると指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Whitney McFerron in Chicago at +1-312-443-5939 or wmcferron1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Steve Stroth at +1-312-443-5931 or sstroth@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE