米失業率は今年末に8.8%に低下の可能性-WSJエコノミスト調査

米経済成長は今年各四半期ともに年 率3.2%を上回ると予想されている、と米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ)がエコノミスト調査の結果を発表した。WSJによる と、昨年第4四半期の季節調整済み年率の成長予想は平均で3.3%で、 前月時点の予想の2.6%から引き上げられた。WSJによれば、今年末 時点の米失業率は8.8%に低下すると予想されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE