シュタルクECB理事:インフレの上振れリスクを注視している

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、ECBはインフレリスクが高まるかどうか注視している と述べた。

同理事は13日、ドイツのハイデルベルクで記者団に対し、「12 月のインフレ率の高まりは主にエネルギー価格の上昇によるものだ った」と指摘。「問題は、インフレの上振れリスクが実現するかどう かだ」と語った。

同理事はまた、商品相場高によってインフレ率は向こう数カ月間、 2%を上回る水準にとどまり、「年末にかけて」物価上昇圧力は「緩 和」されるとの見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christian Vits at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE