EU大統領:ユーロ防衛の決意を強調-債務危機への市場の認識に疑問

欧州連合(EU)のファンロンパ イ大統領は13日、ユーロ防衛で必要とあればEU加盟の各国政府がい かなる措置をも講じると強調し、ギリシャなどの加盟国がデフォルト (債務不履行)に陥る公算があるとの投資家の認識に対して疑問を呈 した。

ファンロンパイ大統領はロンドンで講演。事前に配布された原稿 によれば同大統領は、ユーロ圏の一部諸国がデフォルトに陥る可能性 がウクライナやアルゼンチンよりも大きいと国債スプレッド(利回り 格差)に示されているのは奇妙だとの見解を示した。また、ユーロ強 化に向けた欧州の決意を投資家は過小評価すべきではないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE