インド株(終了):下落、ソフトウエア安い-インフォシス決算に失望

インド株式相場は下落。イン フォシス・テクノロジーズの2010年10-12月(第3四半期)決 で利益が市場予想を下回ったことを嫌気し、ソフトウエア輸出銘柄 が売られた。

インド最大のソフトウエアメーカー、インフォシスは1年8カ 月ぶりの大幅安。世界景気への懸念で企業顧客からの受注が伸び悩 んだ。国内2位の銀行、ICICI銀行は4.1%下げた。この日 の政府発表で、食料インフレが昨年7月以来の水準付近で高止まり していることが示された。インド最大の農機具貿易会社、アダニ・ エンタープライゼスは、食品価格上昇を抑制するために、インドは 中国に倣って備蓄を進めるべきだとの見方を示した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

351.28ポイント(1.8%)安の19182.82で終了。年初来では

6.5%安と、世界の10大株式市場の中で唯一マイナスになってい る。

インフォシス(INFO IN)は5.1%安の3205.20ルピーと、 09年5月19日以降でもっともきつい下げとなった。ICICI 銀(ICICIBC IN)の終値は1026.00ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE