今日の国内市況:TOPIX5連騰、債券は下落-ユーロの上値重い

東京株式相場は続伸し、TOPI Xは7カ月ぶりの5連騰。ポルトガルの国債入札結果を受け欧州債務 懸念が後退、世界景気の回復を評価する流れが強まり、幅広い業種が 買われた。海外金融株高が波及し銀行、証券など金融株は軒並み上昇、 その他金融は東証1部の業種別上昇率首位だった。

TOPIXの終値は前日比8.10ポイント(0.9%)高の937.74、 日経平均株価は76円96銭(0.7%)高の1万589円76銭。終値ベー スでTOPIXは昨年5月13日以来の高値。

S&P500種株価指数など、きのうの米国主要3指数はいずれも 52週高値を更新した。景気や企業業績の回復が続く中、欧州に対する 不安材料の後退が背景。日本株市場では、きょう朝方の外資系証券経 由の注文状況は5営業日連続の買い越しだったもようで、テクニカル 的には短期過熱感を抱えながらも、海外株高や海外投資家による買い から終始堅調な動きだった。

12日の欧州債市場で、ポルトガル債などのドイツ国債に対するプ レミアム(上乗せ利回り)が低下したことを受け、同日の欧米株市場 では米S&P500種の業種別10指数で金融が値上がり1位となるなど、 金融株が上昇。東京市場でも前日に続き、銀行や証券、その他金融が 値上がり率上位に並んだ。

金融株と並び、不動産株の上げも顕著だった。景気回復による恩 恵期待やオフィスビルの空室率改善傾向などが評価された。メリルリ ンチ日本証券では、不動産投資信託(J-REIT)の上昇に比べ、 大手不動産株の上昇率は出遅れ感があると見ている。

東証1部の売買高は概算で22億6135万株、売買代金は同1兆 5227億円。値上がり銘柄数は1100、値下がり426。売買代金が2日連 続で1兆5000億円を超えたのは昨年10月6日以来、約3カ月ぶり。

長期金利は一時1.2%

債券相場は下落。前日の米国市場で株高、債券安となった流れを 継続して、円債市場は売りが優勢だった。長期金利は一時1.2%に上 昇した。午後に発表された30年債入札結果は順調だったが、相場を押 し上げるには至らなかった。

東京先物市場で中心限月3月物は、前日比18銭安の139円98銭 で始まり、直後に139円89銭まで下げた。その後は徐々に下げ幅を縮 小し、午後に入ると、一時は7銭安の140円09銭まで値を戻した。結 局、13銭安の140円03銭で引けた。

12日の米株式相場は続伸。主要株価指数は2008年8月以来の高 値となった。一方、12日の米国債相場は下落して、米10年債利回り は前日比2.5ベーシスポイント(bp)上昇の3.36%程度となった。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回 りは、前日比2ベーシスポイント(bp)高い1.195%で始まり、いっ たんは1.19%を付けた。午後に入ると水準を切り上げ、1時20分過 ぎには2.5bp高い1.20%まで上昇した。その後は1.19-1.195%で推 移している。

財務省がこの日実施した表面利率(クーポン)2.0%の30年利付 国債(33回債)の入札結果は、最低落札価格が97円10銭、平均落札 価格は97円16銭。最低価格はブルームバーグが事前に調査した97 円00銭を上回った。応札倍率は5.77倍と前回の2.95倍から上昇。小 さいほど好調とされるテール(最低と平均落札の差)は6銭と前回の 26銭から大幅に縮小した。

ユーロの上値重い

東京外国為替市場では、午後の取引にかけてユーロが上値の重い 展開となった。対円では午前に一時1ユーロ=109円15銭と、6日以 来、1週間ぶりの高値を付けたあと、108円台後半まで水準を切り下 げた。ユーロ・ドル相場は1.3093ドルまでユーロが水準を切り下げた。

ポルトガルの国債入札を無難に通過したほか、欧州の金融危機に 備えた体制強化への期待感からユーロ買いが先行したものの、この日 はスペインとイタリアの国債入札を控えて、ユーロの上値を追う動き は限定された。

一方、ドル・円相場はユーロ主導の展開となり、一時は1ドル= 83円15銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた83円ちょう どからドル高・円安が進行。正午過ぎに82円台後半に振れたあとは 83円台を回復し、午後3時50分現在は83円09銭付近で推移してい る。

前日は市場が注目していたポルトガルの国債入札が実施され、同 国の公債管理機関IGCPによると、5億9900万ユーロ(約650億円) 規模の2020年償還債は、平均落札利回りが6.716%となった。昨年11 月10日の前回入札では6.806%だった。

ユーロ圏では引き続き、13日にスペインが最大30億ユーロの5 年債の入札を予定。イタリアも2026、15両年償還の国債で60億ユー ロの調達を計画している。

ドイツのメルケル首相は12日にベルリンで、「われわれは必要な いかなる手段も講じる意向であり、あらゆる点について段階を追って 協議する」とし、「ドイツはユーロの安定を維持するために必要なあら ゆる措置を取る」と述べた。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経 済・通貨担当)は、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)につい て、「幾つかの選択肢」が検討されていると明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE