中国:金利スワップレートが上昇-人民銀の手形発行金利引き上げで

中国の金利スワップレートは13 日、ここ1週間で最大の上げとなった。中国人民銀行(中央銀行)が 3カ月物手形の発行金利を引き上げ、利上げ観測が広がったためだ。

人民銀はこの日の公開市場操作(オペ)で、3カ月物手形30億 元(約378億円)を発行。発行金利は2.2588%と、前週の2.1777% を上回り、先月23日以降3週連続での引き上げとなった。

フランスの銀行ソシエテ・ジェネラルの債券ストラテジスト、ウ ィクーン・チョン氏(香港在勤)は、韓国銀行(中銀)が同日に政策 金利を0.25ポイント引き上げて2.75%としたことも、中国が追随す るとの観測を強めたと指摘した。

1年物の金利スワップレートは上海時間午後零時54分(日本時 間同1時54分)現在、3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の3.20%だった。中国債券信息網によると、表面利率3.77%、 2020年12月償還の国債利回りは3.88%と2bp上昇した。

--Sonja Cheung. Editors: Andrew Janes, Ven Ram

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Beijing at +86-10-6649-7574 or scheung58@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE