米国民の47%、「世界最大の経済大国は中国」-米の最新世論調査

世界最大の経済大国を米国ではな く中国とみている米国民の方が多いことが、最新の米国での世論調査 の結果で分かった。世界的な金融危機を受け、国民の見方が変化した 様子を反映している。

調査はピュー・リサーチ・センター・フォー・ザ・ピープル・ア ンド・ザ・プレス(ワシントン)が今月5-9日に実施した。米国民 の約47%が「中国が最大の経済大国」と答えた一方、「米国」と回答し た人は31%にとどまった。ベアー・スターンズの経営危機やリーマン・ ブラザーズ・ホールディングスの破綻前だった2008年2月のピューの 調査では、「米国」との回答が41%、「中国」が30%だった。

調査結果は、中国の影響力拡大を裏付けており、来週ワシントン で開かれる米中首脳会談の重要性を表している。中国経済の規模は過 去30年で90倍以上になった。

ただ、この調査結果は米国民の受け止め方を反映したもので、現 実とは異なる。米国の国内総生産(GDP)はなお中国のほぼ3倍。 人口約3億人の米国が14兆1000億ドルなのに対し、13億人の中国は 4兆9900億ドルで、1人当たり国民総所得の差は歴然としている。

1989年1月のピューの調査では、「世界最大の経済大国は日本」と 答えた米国民が「米国」の2倍に上った。1503人を対象にした今回の 調査で、「日本」はわずか9%だった。

--Michael Forsythe. Editors: Patrick Harrington, John Brinsley

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Michael Forsythe in Beijing at +86-10-6649-7580 or mforsythe@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Hirschberg at +972-2-640-1104 or phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE