中国株(終了):上海総合指数、3日続伸-中国石油、工商銀が高い

中国株式相場では、上海総合指数 が3日続伸。景気拡大に伴って国内大手の銀行とエネルギー会社の利 益が増加するとの観測から、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH) や中国工商銀行(601398 CH)などが高い。

ペトロチャイナがエネルギー株の上昇をけん引。親会社の中国石 油天然ガス集団(CNPC)の2010年利益が前年比30%増加したこ とが好感された。時価総額で世界最大の銀行、工商銀は1カ月ぶり高 値となった。

中国最大の海運会社の傘下にあるCOSCOシッピング(中遠航 運、600428 CH)と、中国南方航空(600029 CH)も高い。

一方、中国の不動産開発最大手、万科企業(000002 CH)は下落。 不動産税導入で売り上げが損なわれる恐れがあるとの懸念が広がった。

世界銀行は中国の11年成長率が8.7%になるとの見通しを示した。 国泰君安証券のストラテジスト、ワン・チェン氏は「中国のエコノミ ストは自国の経済成長について、世銀よりもずっと楽観的だ」と指摘。 「政府の引き締め策に妨げられなければ、経済成長が企業利益を支え るだろう」との見方を示した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比6.41ポイント(0.2%)高の2827.71 で終了。一時は下落していた。上海、深セン両証取のA株に連動して いるCSI300指数は同1.05ポイント安の3141.28。

--Irene Shen. Editors: Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Irene Shen in Shanghai at +86-21-6104-3049 or ishen4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE