王室結婚式には飲めや歌えや-英国のパブ深夜1時まで営業OK

英政府は4月29日に行われるウィ リアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイヤルウエディング(王室 結婚式)を祝福するため、パブやバーの営業時間を午前1時まで延長 することを許可する見通しだ。

ブローケンシャー犯罪防止担当相は12日、電子メールで送付した 声明で、営業時間は翌日も延長可能で、ライブ音楽などの娯楽を平均 で2時間長く楽しむことを認める方針を示した。

ブローケンシャー犯罪防止担当相は「英王室の結婚式は国家的な 祝賀行事であり国民全員が参加できるよう望んでいる。政府は国民が この重要な出来事を祝う祭典をより長く楽しみたいと認識しており、 パブやバー、コミュニティーや村のホールなど認可された会場の営業 時間を延長する予定だ」としている。

現行規則では、営業時間延長するには、一定額を支払って地方自 治体から特別許可を受けなければならないが、結婚を祝う2日間はこ の費用が免除される。

英ビール・パブ協会のビリジッド・シモンズ会長は電子メールで 送付した文書で「朗報だ。皆がパブに集い、大切な国家行事を祝福す る絶好の機会だと政府が認識しているのは非常に素晴らしい」と歓迎 した。

キャメロン英首相は、国民が結婚を祝福できるよう道路の閉鎖を 許可する方針を表明。議会で12日、「人々が通りでパーティーを開け るよう、道路を閉鎖しやすいようにすべきだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE