世界PC出荷:10-12月は2.7%増、予想下回る-IDC

昨年10-12月(第4四半期)の世 界のパソコン(PC)出荷台数は、事前予想を下回る前年同期比2.7% の伸びにとどまった。米調査会社IDCが12日発表した。消費者が休 暇シーズンの購入を抑制したほか、デスクトップやノートブック型P Cよりも米アップルのダブレット型端末「iPad(アイパッド)」を 選択した。

IDCによると、米ヒューレット・パッカード(HP)は首位を 維持したものの、シェアは0.7ポイント低下の19.5%となった。2位 は米デルの12.1%、3位は台湾の宏碁(エイサー)の10.6%だった。

IDCのアナリスト、デービッド・ダウード氏によると、同社は 世界出荷台数の伸びを5.5%と予想していた。同氏はインタビューで、 「消費市場は疲れを見せている」と指摘。米国内のPC出荷台数は

4.8%減少した。

同氏はまた、アップルのiPadが従来型PCの有力な代替端末 として「パソコン市場を圧迫した」と指摘した。iPadの販売台数 は昨年9月25日現在750万台で、同社は来週の10-12月(第1四半 期)決算発表時に最新実績を明らかにする見通し。

IDCによると、10-12月の世界のPC出荷台数は9210万台、 2010年通年では前年比13.6%増の3億4620万台だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE