ECBに「金バッファー」、国債購入プログラムの損失吸収も-UBS

欧州中央銀行(ECB)は金の保 有によって昨年1000億ユーロ(約10兆9000億円)の利益を上げてお り、ソブリン債購入プログラムによる損失分を吸収する可能性がある 「金バッファー(緩衝役を果たす資産)」の厚みが増したと、スイスの 銀行UBSが指摘した。

UBSのエコノミスト、ステファヌ・デオ氏は7日付のリポート で、この利益は、昨年末時点で3310億ユーロだったユーロシステムの 「再評価勘定」に計上されるだろうと述べた。金相場は昨年30%上昇 した。

同氏は、「ECBがポートフォリオで損失を被った場合、金ポート フォリオの変動と同様に、これが『再評価勘定』に計上されるとわれ われは理解している」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE