NY原油時間外:4日続伸、92ドル台-米の在庫減と株高を好感

ニューヨーク原油先物相場は13日 の時間外取引で4日続伸。米在庫がアナリスト予想以上に減少したほ か、欧州諸国が債務危機解決に向けた対策を打ち出すなかで株式相場 が上昇したことを好感した。

前日の通常取引は2年3カ月ぶりの高値を付けた。米エネルギー 省が発表した先週の原油在庫が215万バレル減少し、3億3310万バレ ルだったことを好感した。これは昨年2月以来の低水準。ブルームバ ーグ・ニュースによる調査では140万バレルの減少が予想されていた。 米株式相場は上昇し、主要株価指数は2008年8月以来の高値まで上昇 した。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチの マイケル・リンチ社長は、「原油在庫は大幅に減少したが、予想の範囲 を外れたわけではない」と述べた。さらに「ポルトガル向け救済パッ ケージがまとまりそうで、それが安心感につながっている。欧州財務 危機はこの1年間の主な懸念材料となっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は一時、 30セント(0.3%)高の1バレル=92.16ドルを付けた。シドニー時間 午前10時52分(日本時間同8時52分)現在、92.09ドルで推移して いる。前日の通常取引は75セント高の91.86ドルで引けた。終値とし ては08年10月3日以来の高値。前年同期比では16%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE