豪州:10年12月の雇用者数、予想下回る-景気減速感響く

オーストラリアでは昨年12月の雇 用者数の伸びが、エコノミスト予想を下回った。豪ドル高と利上げに よる同国経済の減速を反映した。

豪統計局が13日発表した12月の雇用者数は、前月比2300人増加。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト17人の予想中央値 は、2万5000人増だった。ただ職探しを諦めた人がいたことなどを背 景に失業率は5%と、2009年1月以来の低水準となった。11月は5.2%。

この日の雇用統計で、豪北東部が1974年以降で最悪の洪水被害に 見舞われる中、豪準備銀行(中央銀行)が1-3月(第1四半期)に 現行4.75%の政策金利を据え置く可能性が一段と高まった。

10年通年では豪雇用者数の伸びは過去最大となった。ICAPオ ーストラリアの上級エコノミスト(シドニー在勤)、アダム・カー氏 は、「雇用者数の増加は確かに予想に届かなかったが、過去1年間では 異例なほど力強い伸びを記録した」と述べた。

12月のフルタイムの雇用者数は前月比1700人増、パートタイム 雇用は600人増だった。15歳以上の人口に占める労働者数の割合を示 す労働参加率は65.8%に低下。前月(改定値)は66%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE