ユーロ圏、財政同盟の結成なければ「崩壊」も-ファーガソン教授

【記者:Tasneem Brogger】

1月12日(ブルームバーグ):ユーロ圏は、各国首脳が何らかの 財政同盟結成で合意しない限り「崩壊」のリスクがあると、米ハーバ ード大学のニーアル・ファーガソン教授が指摘した。

ファーガソン教授(46)は12日、コペンハーゲンでブルームバ ーグテレビジョンのインタビューに応じ、「財政連邦主義に向けてより 大きく前進しなければ、次々と急場しのぎを講じるだけにとどまり、 これでは決して十分な対応とはならない」とし、「そうした場合、崩壊 が現実味を帯びる」と警告した。

また、7500億ユーロ(約81兆8000億円)の緊急融資制度の規 模も十分でないとし、欧州当局の危機対応はこれまでのところ遅過ぎ ると批判した。ポルトガルについては、「欧州連合(EU)や他のユー ロ圏諸国への支援要請を回避する必要性や可能性があると指摘するの は現時点で無理だろう」と述べた。

債務負担が「持続不可能な」ギリシャやアイルランドに関しては、 求められている財政緊縮策が厳し過ぎる恐れがあるとの見方を示した。 その上で、ユーロ圏にとどまるコストより緊縮策のコストの方が大き いと政府が見なすケースもあるかもしれないと語り、「ユーロ圏の将来 について、私は一段と悲観的になった」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE