ロゴフ教授:今年の通貨安競争、ユーロが勝利の公算-FT紙に寄稿

米ハーバード大学教授で国際通貨 基金(IMF)の元チーフエコノミストのケネス・ロゴフ氏は、欧州 の政策当局者らがソブリン債危機の阻止に苦戦していることから、ユ ーロが「今年の通貨安競争で勝利する」可能性があるとの見解を示し た。12日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版) への寄稿文で明らかにした。

ロゴフ教授は同寄稿文で、ユーロ圏は「中規模のメルトダウン(崩 壊)に見舞われる可能性が高い」と分析。米国については「大規模な カタストロフ(破滅的状況)の公算は小さい」とした。

同教授は世界の政策当局者らが直面する課題を比較し、ユーロが 今年「大幅に」アンダーパフォームすると「引き続き予想している」 と指摘。「欧州は国家破綻を管理する方法を見いだすと慎重ながらも楽 観視しているが、明快な解決策は存在せず、タイミングが悪い時に政 治が停滞する可能性は高い」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE