商品相場:約2年ぶり高値-経済成長観測と米穀物在庫予想引き下げで

商品相場は約2年ぶりの高値に上 昇した。世界経済が成長するとの見方が強まったほか、米国が農産物 在庫の見通しを引き下げたことが要因。

商品24銘柄で構成するスタンダード・アンド・プアーズ(S&P) GSCIスポット指数は一時645.72と、2008年9月26日以来の高水 準に達した。過去1年間では約21%上昇している。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、 マット・ジーマン氏は「今年は景気が回復すると市場関係者はみてい るため、全力でリスクを伴う取引を行っている」との見方を示した。

米政府が米国の穀物在庫見通しを引き下げ、需要が拡大し悪天候 で収穫が減少するなか食糧供給の逼迫(ひっぱく)が示唆されたこと を受け、トウモロコシと大豆相場は08年7月以来の高値に達した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE