ポルトガル債の落札利回り「成功水準でない」-PIMCOグロース氏

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用す るビル・グロース氏は12日、ブルームバーグテレビジョンの番組「イ ンビジネス」でマーガレット・ブレナン司会者のインタビューに応じ、 同日のポルトガル国債入札に関して以下のように述べた。

ポルトガルが実施した2020年償還債5億9900万ユーロ(約650億円) の入札結果について:

「ポルトガルの10年債入札の平均落札利回りは7%をわずかに下 回ったが、私は成功した水準とは思わない。これは、長期的にポルト ガルが償還や利払いができなくなることを示唆している。利回りが高 いことから同国の基礎的な財政赤字が増えているためだ」

「そもそもこれらの入札は事前に取り決められていたものだ。本 当の入札ではない。落札したのはユーロ圏内の銀行で、欧州中央銀行 (ECB)が引き取るので、内部の取引だ。PIMCOや保険会社な どの応札を求めているが、われわれはまだそうした行動を取っていな い」

「ユーロ圏は高債務問題を抱えている。私は同地域の周辺国を楽 観視していないので、それら周辺国に現時点で投資するつもりはない」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE