1月12日の海外株式・債券・為替・商品市場(Update2)

欧米市場の株式、債券、為替、商 品相場は次の通り。

◎NY外為:ユーロは1カ月で最大の上げ-ポルトガル入札で

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し1カ月で最 大の上げとなった。ポルトガルの国債入札で借り入れコストが低下し たことや、欧州の指導者らが債務問題に苦慮する国への支援拡大を検 討しているとの観測が背景にある。

オーストラリア・ドルはカナダ・ドルに対して上昇。豪州での洪 水の影響から豪ドルは7営業日連続で下げていたが、売られ過ぎとの 見方が広がった。ユーロは対ドルで200日移動平均を上回った。あす 13日には、スペインとイタリアで国債入札が予定されている。また来 週は、ユーロ圏財務相会合が開催される。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の債券・通貨ストラ テジー担当チーフテクニカルアナリスト、ジョージ・デービス氏(ト ロント在勤)は、「欧州での救済基金の規模拡大をめぐる議論につい て、様々な情報が伝わっている」とし、「それが若干センチメントを 下支えしている。200日移動平均を突破したという事実で、上方向の モメンタム(勢い)が強まった」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで1ユーロ=

1.3131ドルと、前日の1.2974ドルから1.2%高。一時1.3%高 と、取引時間中の上昇率としては昨年12月13日以降で最大となった。 対円では0.9%上げて109円ちょうど(前日107円99銭)。ドル の対円相場は0.3%安の1ドル=83円ちょうど(前日は83円24 銭)。

スウェーデン・クローナは対ドルで1.5%高の1ドル=6.7521 クローナ。欧州をめぐる懸念が後退し、株式・商品相場が上昇したこ とが手掛かりとなった。カナダ・ドルは0.5%上げて1米ドル=

0.9857カナダ・ドル。

株価上昇

米株式市場ではS&P500種株価指数が0.7%上昇。ニューヨー ク原油先物2月限は1バレル=91.86ドルに値上がりした。

カナダ・ドルはオーストラリア・ドルに対し一時、ほぼ4カ月ぶ り高値を付けた。豪州での洪水で、同国の景気回復が遅れるとの懸念 が豪ドルには重しとなった。

バンク・オブ・モントリオールの外国為替ディレクター、ブレー ク・ジェスパーセン氏(トロント在勤)は、「ホットマネー(投機的 な短期資金)の一部が豪州から流出し、カナダに流入している」と指 摘。「洪水の影響で、投資家は別の投資先を探すことを余儀なくされ ている」と続けた。

カナダ・ドルは豪ドルに対し0.5%安の1豪ドル=0.9825カナ ダ・ドル。一時0.9705カナダ・ドルと、昨年9月20日以来の高値 を付ける場面もあった。

カナダ・ドルの対豪ドルでの相対力指数(RSI、期間7日)は この日78.58を付け、5営業日連続で70を上回った。同指数が70 を上回ると、相場が下落に転じる可能性を示唆する。

ポルトガルの国債入札

ポルトガルは2020年償還債5億9900万ユーロを発行した。平 均落札利回りは6.716%。前回の昨年11月10日の入札では

6.806%だった。応札倍率は3.2倍と、前回の2.1倍を上回った。

スペインはあす、最大30億ユーロの5年債入札を実施する。イタ リアは2026年、2015年償還の債券60億ユーロを発行する予定。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経 済・通貨担当)は、救済基金である欧州金融安定ファシリティー(E FSF)の拡大に向けて当局者らが「幾つかの選択肢」を協議してい ると明らかにした。

HSBCホールディングスの為替戦略責任者、ロバート・リンチ 氏は、「ポルトガルは国債入札を実施した。支援を要請する可能性も ある。またレーン委員はEFSFの役割拡大に言及した」とし、「こ れらすべてが、欧州で見られる圧力を和らげる可能性がある」と述べ た。

◎米国株:続伸、08年8月来高値-銀行の判断引き上げ

米株式相場は続伸。主要株価指数は2008年8月以来の高値と なった。増配見通しを理由に、ウェルズ・ファーゴが大手銀行の投資 判断を引き上げたことが好感された。欧州が危機管理に向けた取り組 みを強化するとの観測も買い材料。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグループが上昇。J Pモルガン・チェースは、同行のジェイミー・ダイモン最高経営責任 者(CEO)が米経済専門局CNBCに対し、配当を引き上げる意向 を示したことをきっかけに買い進まれた。カナダのコンソリデーテッ ド・トムソン・アイロン・マインズは急伸。北米最大の鉄鉱石生産会 社クリフス・ナチュラル・リソーシズは、同社を49億カナダ・ドル (約4120億円)で買収することで合意した。コンピューター・グ ラフィックス(CG)用半導体メーカーのエヌビディアも値上がり。 オッペンハイマーは半導体業界の業績が「好調な1年」になると予想 した。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の1285.96。終値で は08年8月28日以来の高値。ダウ工業株30種平均は83.56ド ル(0.7%)上昇の11755.44ドル。

RBCウェルス・マネジメントの株式戦略ディレクター、フィリ ップ・ダウ氏は、「銀行の増配やM&A(合併・買収)活動は、経済 が回復から拡大へと段階を進めつつあることを示唆している」と指摘。 「企業は大量の現金を蓄えている。発表されている業績は非常に力強 い。株式相場は今年、10-15%上昇するとみている」と述べた。

S&P500種は09年3月の安値から90%上昇。政府の刺激策 や企業利益が予想を上回ったことが背景にある。同指数構成銘柄の 2010年業績は、これまでに発表された3四半期すべてで市場予想を 上回った。ブルームバーグがまとめたデータによると、アナリストは 企業利益が今年は14%増加すると見込んでいる。

米株式相場は、欧州株が値上がりした流れを引き継いだ。ポルト ガルはこの日、2020年償還債を5億9900万ユーロ発行した。平 均落札利回りは6.716%。前回の昨年11月10日の入札では

6.806%だった。同国は6億5000万ユーロ相当の2014年償還債 も利回り5.396%(昨年10月27日は4.041%)で発行した。

金融株指数は1.7%高と、S&P500種の業種別10指数で値 上がり率トップ。ウェルズ・ファーゴは米大手行の判断を「マーケッ トウエート」から「オーバーウエート」に引き上げた。配当性向が今 年は2倍に拡大する可能性があることを理由に挙げた。

金融株が高い

BOAは2%高。シティグループは2.8%上昇。

JPモルガンは2.6%高と、ダウ30種平均の値上がり率トッ プ。ダイモンCEOはCNBCとのインタビューで、配当を引き上げ る意向を明らかにした。実施は第2四半期になりそうだとしたものの、 具体的な時期や増配額は明示しなかった。同行の配当は現在1株当た り5セント。2年前は同38セントだった。

ハンティントン・アセット・マネジメントのランディ・ベイトマ ン最高投資責任者(CIO)は、配当と買収は「銀行株を保有する2 大要素で、過去数年はこれが欠けていたが、散見され始めている」と 指摘。「景気回復を持続させるには力強い金融株の上昇が必要である と、大半の市場参加者は確信している」と述べた。

コンソリデーテッド・トムソンはニューヨーク市場で33%高、 トロント市場では30%上昇。クリフスの11日の発表文によると、 同社は コンソリデーテッド株1株に対して17.25カナダ・ドルを 支払う。

エヌビディア

エヌビディアは15%高と、S&P500種の値上がり率2位。オ ッペンハイマーのアナリスト、リック・シェイファー氏は12日のリ ポートで、「第4四半期の決算は精彩を欠く内容だったものの、第1 四半期が『最終章』となり、2011年は半導体業界にとって好調な1 年になると予想する。11年の第2四半期は根本的な変化を記すこと になろう」と指摘した。同氏は好ましい銘柄の中にはエヌビディアと テキサス・インスツルメンツ(TI)が含まれるとした。

◎米国債:10年債下げ幅縮小、入札で海外からの需要が好調

米国債相場は下げ幅を縮小。午後に実施された10年債入札 (210億ドル)では、海外の中央銀行を含む間接入札が好調だった。

この日は、欧州当局者が域内の債務危機解決に向けて取り組み を強化しているとの観測から、米国債に対する逃避需要が落ち込み、 米国債は一時下落していた。午後の入札では、間接入札の割合が

53.6%と、過去10回の平均を上回った。米連邦準備制度は量的緩 和策第2弾に基づき、今後4週間で1120億ドルの米国債を購入す る計画だ。

ジェフリーズ・グループの政府債エコノミスト、トーマス・サ イモンズ氏は、「利回りは以前よりも動きが良くなっている。間接 入札がある程度回復してきた」と続けた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後5時5分現在、10年債利回りは前日比3ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇の3.37%。

米財務省が実施した10年債入札の結果によると、最高落札利 回りは3.388%と、入札直前の市場予想の3.419%を下回った。

投資家の需要を測る指標の応札倍率は3.30倍と、昨年4月に 記録した3.72%以来の高水準。

フィッシャー総裁

米国債利回りは一時上昇。欧州各国政府がソブリン債危機に直 面するポルトガルに支援を検討するとの報道に反応した。

プライマリーディーラー以外の直接入札の割合は8%。先月 の入札での同割合は11.4%、10年債入札過去10回の平均は

13.3%となっている。

ダラス連銀のフィッシャー総裁は12日、FRBが昨年11月 に発表した6000億ドルの国債購入計画は「完遂される」との見 通しを示した。

同総裁はニューヨークでのイベントで、連邦公開市場委員会 (FOMC)の政策決定で自身が反対に回るかどうかは分からない と語った。

ベージュブック

FRBが発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれ ば、米国経済は12月にかけて、全般に緩やかに拡大した。好調な 年末商戦や製造業の回復が寄与した。また企業は今年に関して、慎 重ながらも楽観的な見通しを示した。

12地区のうち、アトランタやシカゴを含む6地区は、景気が 「穏やか、もしくは緩やか」に拡大したとし、ニューヨークやボス トンなど4地区は状況の「改善」を指摘した。またミネアポリスは 「緩やかな回復が続いた」としたほか、サンフランシスコは「安定 度が増した」と報告した。

◎NY金:3日続伸、ドル安で商品買い-ユーロ圏への懸念が後退

ニューヨーク金先物相場は3日続伸。ドルの下落で貴金属をはじ め商品全般への需要が高まった。

欧州金融市場でポルトガルの借り入れコストが下げたほか、ドイ ツのメルケル首相が高債務国を支援する姿勢を示したことから、ドル が対ユーロで下落した。前日には日本が欧州金融安定ファシリティー (EFSF)発行債を購入する意向を表明し、中国に続いて日本も欧 州支援に乗り出すことが明らかになった。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)の金属トレーダ ー、マット・ジーマン氏は、「ユーロ圏の問題はとりあえず脇に置い て、もっとリスクをとることに市場は意欲的になっている」と指摘。 「世界経済の回復に対する楽観が広がっており、商品は全般に有望視 されている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 2月限は前日比1.50ドル高の1オンス=1385.80ドルで終了した。 過去2営業日で合わせて1.1%の値上がり。

◎NY原油:27カ月ぶり高値、在庫減と株高で-91.86ドル

ニューヨーク原油先物相場は続伸。2年3カ月ぶりの高値をつけ た。原油在庫が予想以上に減少したことが買いを誘った。欧州当局者 が債務危機の解決に向けて取り組みを強化するとの思惑からS&P 500種株価指数が上昇したことも支援材料。

米エネルギー省によると、先週の原油在庫は前週比215万バレ ル減少の3億3310万バレルと、昨年2月以来の低水準となった。ブ ルームバーグの調査では140万バレルの減少が見込まれていた。欧 州各国がポルトガル支援を検討していることを好感し、S&P500種 は2008年8月以来の終値ベースでの高値を上回った。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチの マイケル・リンチ社長は、「原油在庫は大幅に減少したが、予想の範 囲を外れたわけではない」と述べた。さらに「ポルトガル向け救済パ ッケージがまとまりそうで、それが安ど感につながっている。欧州財 務危機は過去1年、主な懸念材料となっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比75セント(0.82%)高の1バレル=91.86ドルで終了した。終 値ベースでは2008年10月3日以来の高値。この1年間では14% 上昇している。

◎欧州株:続伸、ポルトガル国債入札やEU取り組みを好感

欧州株式相場は続伸し、ストックス欧州600指数は2年4カ月 ぶり高値を付けた。欧州連合(EU)が域内の債務危機の拡大阻止に 向けた取り組みを強化するとの観測が強まった。

10%高となったイタリアのインテーザ銀行を中心に銀行株が上 昇した。ポルトガルの10年債入札が順調だったことがきっかけ。ド イツのメディア企業、スカイ・ドイチェランドは31%の大幅高。親 会社のニューズ・コープから増資を得たことが買いにつながった。航 空宇宙・防衛関連企業、EADSは2.1%上げた。傘下の航空機メー カー、エアバスが商業用航空業界で史上最大規模の受注を獲得したこ とが材料視された。

ストックス欧州600指数は前日比1.4%高の285.79で終了。 欧州債務危機が一層拡大するとの懸念が後退したことから、2日間の 上げとしては約6週間で最大となった。

ウニクレディト(ミラノ)の債券ストラテジスト、ルカ・カツラ ーニ氏は、「この日の国債入札では需要が極めて好調で、規模が大き くなければポルトガルが独自に資金を調達できることを示した」と発 言。「成長への足かせとなる買い入れコストの水準がマイナス面だ。 将来的に改善する必要がある」と付け加えた。

EUの行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当) はこの日、ソブリン債危機の封じ込めに向けた「包括案」を呼び掛け た。

12日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇。 ギリシャのアテネ総合指数が5%上げ、スペインのIBEX35指数 が5.4%高となった。

ストックス欧州600指数を構成する19産業グループの中で銀 行指数が最高のパフォーマンスを示した。イタリアのウニクレディト は9.7%高、スペインのサンタンデール銀行は9.6%上げた。ギリ シャのアルファ銀行は7.1%上昇した。

◎欧州債:ドイツ国債が下落、メルケル首相のユーロ防衛表明で

欧州債市場ではドイツ国債相場が下落し、同10年債利回りは6 週間余りで最大の上げとなった。メルケル独首相が、ユーロ防衛に向 けて必要とあればいかなる措置をも講じると表明したことが背景にあ る。

ポルトガルがこの日実施した10年債入札では借り入れコストが 低下し、需要が高まったことから、同国債は3日続伸となった。メル ケル首相の発言は、欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会の レーン委員(経済・通貨担当)がソブリン債危機の封じ込めに向けた 「包括案」を呼び掛けたことを受けたもの。

欧州各国政府は、ポルトガルへの支援と債券の買い戻し、救済融 資の金利引き下げ、債務保証などを、金融危機を沈静化させる包括案 の一部として検討している。協議について知る関係者2人が明らかに した。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券スト ラテジスト、リチャード・マクガイアー氏は、「最終的には周辺国を 支えようとする意思が見受けられる。つまりはユーロ圏の中心国の負 担が増えることを暗示している」と語った。

ロンドン時間午後4時39分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ3.05%。 一時は13bp上昇し、昨年11月24日以降で最大の上げとなった。 同国債(表面利率2.5%、2021年1月償還)価格は0.995ポイン ト下げ95.315。2年債利回りは9bp上げ0.99%。

ブルームバーグのデータによると、ポルトガル10年債の独10 年債に対するプレミアム(上乗せ利回り)は25bp縮小し372bp。 ポルトガル10年債利回りは過去2日で37bp下げた。複数のトレ ーダーによると、欧州中央銀行(ECB)がポルトガル国債を購入し た。この日の利回りは7%。昨年11月11日は7.25%と、少なく とも1997年以来の高水準だった。

◎英国債:下落、ユーロ圏債務危機の懸念緩和-中銀MPCを控え

英国債相場は下落した。ポルトガルの国債入札でユーロ圏の債務 危機が悪化するとの懸念が和らぎ、高リスク資産に対する需要が高ま ったことが背景にある。

10年債利回りは上昇し、8カ月高水準に近づいた。インフレ加 速が借り入れコストを今年後半に押し上げるとの観測が広がった。イ ングランド銀行(英中央銀行)は13日に金融政策委員会(MPC) を開く。

ポルトガル国債相場はこの日に上昇した。同国が実施した5億 9900万ユーロ規模の10年債入札は、前回よりも好調だった。欧州 各国政府は、ポルトガルへの支援と債券の買い戻し、救済融資の金利 引き下げ、債務保証などを、金融危機を沈静化させる包括案の一部と して検討している。協議について知る関係者2人が明らかにした。英 国株式の指標であるFT100種指数は続伸した。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券スト ラテジスト、リチャード・マクガイアー氏は、「ポルトガルの国債入 札は比較的順調で、安全資産の魅力が幾分失われた。その結果、ド イツ国債が売られ、英国債もこれに追随した」と述べ、「インフレ懸 念もあり、これが当面、英国債に圧力を加え続ける公算が大きい」と 続けた。

ロンドン時間午後4時現在、10年債利回りは前日比8ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.63%と、先月16日 に付けた5月以来の高水準となる3.65%の水準に接近した。同国債 (表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は0.67ポイント下げ

108.63と、先月16日以来の安値となった。2年債利回りは4bp 上昇の1.33%。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、イングラ ンド銀は13日の政策決定会合で政策金利を過去最低の0.5%に据え 置き、債券購入計画の規模を2000億ポンドに維持するとみられてい る。英インフレ率は昨年11月に3.3%と、前月の3.2%から加速 し、9カ月連続で政府目標上限の3%を上回った。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE