米ニューズ、マイスペースの分離や売却の可能性を検討

米メディア企業ニューズ・コープ は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)部門マイス ペースの分離や売却の可能性を検討している。11日には同部門従業員 の半数近くの削減を発表している。

マイスペースのマイク・ジョーンズ最高経営責任者(CEO)は 12日の社内全体会議で、同部門の今後の計画について従業員に伝えた。 マイスペースの広報担当、ロサベル・タオ氏が同日のインタビューで 明らかにした。

タオ氏は「ニューズは売却や合併、分離を含む多くの可能性を検 討している」とし、「このプロセスは始まったばかりだ」と述べた。

今回の発表は、マイスペースの継続的な赤字に耐え続けることへ のニューズの消極姿勢を示唆するものだ。同部門は11日、全従業員の 47%に相当する約500人の削減を発表した。

ミラー・タバクのアナリスト、デービッド・ジョイス氏は電子メ ールで、ニューズはマイスペースを手放すことで恩恵を受けるだろう と指摘した。

12日の米ナスダック市場でニューズの株価は前日比5セント安 の14.36ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE