NY原油(12日):27カ月ぶり高値、在庫減と株高で-91.86ドル

ニューヨーク原油先物相場は続伸。 2年3カ月ぶりの高値をつけた。原油在庫が予想以上に減少したこと が買いを誘った。欧州当局者が債務危機の解決に向けて取り組みを強 化するとの思惑からS&P500種株価指数が上昇したことも支援材料。

米エネルギー省によると、先週の原油在庫は前週比215万バレル 減少の3億3310万バレルと、昨年2月以来の低水準となった。ブル ームバーグの調査では140万バレルの減少が見込まれていた。欧州各 国がポルトガル支援を検討していることを好感し、S&P500種は 2008年8月以来の終値ベースでの高値を上回った。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチの マイケル・リンチ社長は、「原油在庫は大幅に減少したが、予想の範 囲を外れたわけではない」と述べた。さらに「ポルトガル向け救済パ ッケージがまとまりそうで、それが安ど感につながっている。欧州財 務危機は過去1年、主な懸念材料となっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物2月限は前日 比75セント(0.82%)高の1バレル=91.86ドルで終了した。終値 ベースでは2008年10月3日以来の高値。この1年間では14%上昇 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE