1月12日の欧州マーケットサマリー:株続伸、ポルトガル入札が好調

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3099 1.2974 ドル/円 83.04 83.24 ユーロ/円 108.78 107.99

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 285.79 +3.81 +1.4% 英FT100 6,050.72 +36.69 +.6% 独DAX 7,068.78 +127.21 +1.8% 仏CAC40 3,945.07 +83.15 +2.2%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .98% +.09 独国債10年物 3.05% +.13 英国債10年物 3.64% +.09

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,378.75 +4.75 +.34% 原油 北海ブレント 98.76 +1.15 +1.18%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は続伸し、ストックス欧州600指数は2年4カ月 ぶり高値を付けた。欧州連合(EU)が域内の債務危機の拡大阻止に 向けた取り組みを強化するとの観測が強まった。

10%高となったイタリアのインテーザ銀行を中心に銀行株が上 昇した。ポルトガルの10年債入札が順調だったことがきっかけ。ド イツのメディア企業、スカイ・ドイチェランドは31%の大幅高。親 会社のニューズ・コープから増資を得たことが買いにつながった。航 空宇宙・防衛関連企業、EADSは2.1%上げた。傘下の航空機メー カー、エアバスが商業用航空業界で史上最大規模の受注を獲得したこ とが材料視された。

ストックス欧州600指数は前日比1.4%高の285.79で終了。 欧州債務危機が一層拡大するとの懸念が後退したことから、2日間の 上げとしては約6週間で最大となった。

ウニクレディト(ミラノ)の債券ストラテジスト、ルカ・カツラ ーニ氏は、「この日の国債入札では需要が極めて好調で、規模が大き くなければポルトガルが独自に資金を調達できることを示した」と発 言。「成長への足かせとなる買い入れコストの水準がマイナス面だ。 将来的に改善する必要がある」と付け加えた。

EUの行政執行機関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当) はこの日、ソブリン債危機の封じ込めに向けた「包括案」を呼び掛け た。

12日の西欧市場では、18カ国中16カ国で主要株価指数が上昇。 ギリシャのアテネ総合指数が5%上げ、スペインのIBEX35指数 が5.4%高となった。

ストックス欧州600指数を構成する19産業グループの中で銀 行指数が最高のパフォーマンスを示した。イタリアのウニクレディト は9.7%高、スペインのサンタンデール銀行は9.6%上げた。ギリ シャのアルファ銀行は7.1%上昇した。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が下落し、同10年債利回りは6 週間余りで最大の上げとなった。メルケル独首相が、ユーロ防衛に向 けて必要とあればいかなる措置をも講じると表明したことが背景にあ る。

ポルトガルがこの日実施した10年債入札では借り入れコストが 低下し、需要が高まったことから、同国債は3日続伸となった。メル ケル首相の発言は、欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会の レーン委員(経済・通貨担当)がソブリン債危機の封じ込めに向けた 「包括案」を呼び掛けたことを受けたもの。

欧州各国政府は、ポルトガルへの支援と債券の買い戻し、救済融 資の金利引き下げ、債務保証などを、金融危機を沈静化させる包括案 の一部として検討している。協議について知る関係者2人が明らかに した。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券スト ラテジスト、リチャード・マクガイアー氏は、「最終的には周辺国を 支えようとする意思が見受けられる。つまりはユーロ圏の中心国の負 担が増えることを暗示している」と語った。

ロンドン時間午後4時39分現在、ドイツ10年債利回りは前日 比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ3.05%。 一時は13bp上昇し、昨年11月24日以降で最大の上げとなった。 同国債(表面利率2.5%、2021年1月償還)価格は0.995ポイン ト下げ95.315。2年債利回りは9bp上げ0.99%。

ブルームバーグのデータによると、ポルトガル10年債の独10 年債に対するプレミアム(上乗せ利回り)は25bp縮小し372bp。 ポルトガル10年債利回りは過去2日で37bp下げた。複数のトレ ーダーによると、欧州中央銀行(ECB)がポルトガル国債を購入し た。この日の利回りは7%。昨年11月11日は7.25%と、少なく とも1997年以来の高水準だった。

◎英国債市場

英国債相場は下落した。ポルトガルの国債入札でユーロ圏の債務 危機が悪化するとの懸念が和らぎ、高リスク資産に対する需要が高ま ったことが背景にある。

10年債利回りは上昇し、8カ月高水準に近づいた。インフレ加 速が借り入れコストを今年後半に押し上げるとの観測が広がった。イ ングランド銀行(英中央銀行)は13日に金融政策委員会(MPC) を開く。

ポルトガル国債相場はこの日に上昇した。同国が実施した5億 9900万ユーロ規模の10年債入札は、前回よりも好調だった。欧州 各国政府は、ポルトガルへの支援と債券の買い戻し、救済融資の金利 引き下げ、債務保証などを、金融危機を沈静化させる包括案の一部と して検討している。協議について知る関係者2人が明らかにした。英 国株式の指標であるFT100種指数は続伸した。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア債券スト ラテジスト、リチャード・マクガイアー氏は、「ポルトガルの国債入 札は比較的順調で、安全資産の魅力が幾分失われた。その結果、ド イツ国債が売られ、英国債もこれに追随した」と述べ、「インフレ懸 念もあり、これが当面、英国債に圧力を加え続ける公算が大きい」と 続けた。

ロンドン時間午後4時現在、10年債利回りは前日比8ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.63%と、先月16日 に付けた5月以来の高水準となる3.65%の水準に接近した。同国債 (表面利率4.75%、2020年3月償還)価格は0.67ポイント下げ

108.63と、先月16日以来の安値となった。2年債利回りは4bp 上昇の1.33%。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、イングラ ンド銀は13日の政策決定会合で政策金利を過去最低の0.5%に据え 置き、債券購入計画の規模を2000億ポンドに維持するとみられてい る。英インフレ率は昨年11月に3.3%と、前月の3.2%から加速 し、9カ月連続で政府目標上限の3%を上回った。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE