三井物産:ブラジルの穀物ブローカー買収で協議-関係者

三井物産はブラジルの穀物ブロー カー、マルチグレインの未保有株式を、米最大の農業協同組合CHS と別の株主から取得する方向で協議している。話し合いに詳しい関係 者2人が明らかにした。

公式発表が行われていないことを理由に関係者が匿名で語ったと ころよれば、CHSの出資分44.2%を取得することで、三井物産のマ ルチグレイン株保有比率は88.4%に上昇する。関係者の1人によると、 合意に至れば、第3の株主も保有株の売却が自動的に認められる。い ずれも関係者も取得額については発言を避けた。

日本経済新聞(電子版)は12日、三井物産がCHSからマルチグ レイン社の株式を400億円で買い増す計画だと先に報じていた。情報 源は明示していない。ブルームバーグの取材に応じた関係者の1人に よれば、この金額はマルチグレイン社の時価総額の見積もりで、今回 の想定される株式取得額ではない。

話し合いではまだ合意に至っておらず、当該企業はニューヨーク 時間13日の午前1時を協議終了の期限として設定したという。

三井物産の広報担当は、ブルームバーグ・ニュースに対して、報 道内容についてのコメントを控えた。CHSとは電話連絡が取れてい ないほか、マルチグレインの当局者もコメントしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE