【テクニカル分析】韓国ウォン、対円で一段高へ-三菱UFJモルガン

韓国の通貨ウォンは対円で今後2 カ月間に4.8%上昇する可能性がある。三菱UFJモルガン・スタン レー証券は、テクニカルチャートの一つ、ボリンジャーバンドを用い こう予想している。

同社クレジット市場部為替課長の塩入稔氏は、1円=12.84ウォ ンと昨年6月以来のウォン高・円安水準に進む公算が大きいとみてい る。為替相場の移動平均を基に支持・抵抗線を判断するボリンジャー バンドの開き拡大は、今年に入り対円で2.5%上昇したウォンが一段 高となることを示唆しているという。

塩入氏は、ウォンが現在の抵抗線と200日移動平均を突破する可 能性が高いと説明。他のチャートもウォン高トレンドを示していると 指摘した。

ブルームバーグのデータによれば、ソウル時間12日午後零時54 分(日本時間同)現在、ウォンは前日比0.5%高の1円=13.46ウォン。 抵抗線である13.42ウォンには昨年10月4日、11月11日、今年1月 7日に達している。200日移動平均は13.44ウォンとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE