トヨタ:レクサスに「CT200h」投入-低価格で顧客層拡大

自動車メーカー世界最大のトヨタ 自動車は高級ブランド「レクサス」に、コンパクトでハッチバックの ハイブリッド専用車「CT200h」を投入した。レクサスの新たなカテ ゴリーで、若者やスポーツタイプを好む顧客の取り込みを狙う。

国内は12日の発売で、月販1500台を計画、価格は355万-430 万円。燃費は1リットル当たり34キロメートル(10・15モード)。最 低価格はレクサスブランドでガソリン車も含めて最安値となる。トヨ タの前川眞基専務は12日の発表会で、エントリークラスの投入で「30 代や40代、また女性の取り込みも図りたい」と語った。

CT200hは今後、米欧アジアなどの海外市場にも投入の計画。前 川専務は、海外市場の月販目標が5300台と述べた。

独立系調査会社ティー・アイ・ダヴリュ(TIW)の高田悟シニ アアナリストは、トヨタの戦略について「プリウスで実績を築いた上 で、ハイブリッド車を中心に据え、ラインナップを拡充し、数量を増 やす戦略はポジティブ」と指摘する。また、「トヨタは市場別に適した 車をきめ細かく投入してきており、2011年は中国や新興国、海外市場 での出遅れをキャッチアップしていく年になる」とみている。

日本自動車販売協会連合会(自販連)の統計によると、レクサス ブランドの昨年の国内販売は前年比18%増の3万3000台超だった。

一方、前川専務は国内販売に関して、エコカー補助金の反動が昨 年9月の制度終了直後で底を打ったとの認識を示した。今年1-3月 の国内登録車販売は年換算で250万台のペースとみているという。

--取材協力:岩谷多佳子、北村真樹子 Editor:Hideki Asai、Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 井上加恵 Kae Inoue +81-3-3201-8362 kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE