サッポロ:今年のビール類販売2.3%増を予想-5635万ケース

国内ビール4位サッポロビールは 12日、2011年のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の販売 目標を発表した。ビール類は前年比2.3%増の5635万ケース(1ケー スは大瓶20本換算)を予想している。「麦とホップ」など第3のビー ルと高価格帯ビール「エビス」の販売強化に注力する。

販売計画の内訳はビールが1.4%減の3100万ケース、発泡酒は

33.9%減の155万ケース、第3のビールは11.7%増の2380万ケース。 2010年のビール類販売実績は0.8%増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE