中国人民元:1週間ぶり高値-中心レートが05年7月来の元高水準

中国人民元は12日、対ドルで続伸 し1週間ぶり高値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)がインフレに 対応するため、元の上昇加速を容認するとの観測が広がった。

中国が約2年ぶりの高水準に達したインフレ率の対策に取り組む 中、人民銀はこの日、人民元の中心レートを1ドル=6.6128元と、2005 年7月以来の元高水準に設定。胡錦濤国家主席の訪米を来週に控えて、 中国が自国通貨の上昇加速を容認するとの観測も元の支援材料だと、 ドイツ銀行の為替アナリスト、デニス・タン氏は指摘した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海時間午後4時39分(日本時間同5時39分)現在、前日比0.25%高 の1ドル=6.6038元。これは4日以来の高値。

1年物のノンデリバラブル・フォワード(NDF)は同0.06%高 の1ドル=6.4390元と、3日続伸。NDFは元が今後1年で2.6%上 昇するとの見通しを織り込んでいる。

--Sonja Cheung. Editors: Andrew Janes, Dirk Beveridge

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Beijing at +86-10-6649-7574 or scheung58@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE