デーリー氏、JPモルガン株770万ドル相当手放す必要も-政権入りで

【記者:Roger Runningen、Miles Weiss】

1月12日(ブルームバーグ):米大統領首席補佐官に指名されたウ ィリアム・デーリー氏は、米銀JPモルガン・チェース株を約770万 ドル(約6億4000万円)相当保有しており、就任に際しこれらを手放 す必要が出てくる見通しであることが、政権当局者の話や当局への届 出書で明らかになった。

政権当局者によると、ホワイトハウスの弁護士らは、デーリー氏 が、これまでの職務に伴う利益相反を回避するために、ホワイトハウ スで行われる協議の一部について、関与を避ける必要があるかどうか を調べている。同氏はJPモルガン副会長のほか、米医薬品開発のア ボット・ラボラトリーズと米航空機メーカー、ボーイングの社外取締 役を務めていた。

米証券取引委員会(SEC)への届出書によると、デーリー氏は、 オバマ大統領から首席補佐官に指名された6日時点ではJPモルガン 株11万4414株を保有していた。JPモルガンによると、デーリー氏 にはその日、普通株と交換可能な制限付き株式10万1913株が付与さ れ、1株当たり34.78ドルで10万株を追加購入できる株式評価益権(S AR)が行使可能となった。

届出書によると、デーリー氏は制限付き株式とSARの付与・権 利行使に伴い、行使コストや税金に充てるため、630万ドル相当の株 式を譲渡。その結果、同氏の持ち株は6万1264株増の17万5678株と なった。これを市場実勢で換算すると766万ドル相当となる。

政権入りするには、デーリー氏は権利放棄を申請しない限り、J Pモルガン株といった特定の株式を保有できない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE