中国人民銀研究局の焦氏:金利自由化で適切な時期でない-第一財経

中国人民銀行(中央銀行)研究局の 焦瑾璞副局長は、中国が完全なる金利自由化を推し進める上で、現在は 適切な時期ではないとの認識を示した。中国紙、第一財経日報が同副局 長とのインタビューを基に伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE