米AIG:準備金削減による利益への寄与、今年は縮小する見通し

【記者:Andrew Frye】

1月11日(ブルームバーグ):米政府から1823億ドル(約15兆 1800億円)の公的資金を注入された保険会社アメリカン・インターナ ショナル・グループ(AIG)は、2011年は準備金削減による利益へ の寄与がこれまでより小さくなるとの見通しを示した。

主要損害保険部門チャーティスのクリスチャン・ムーア最高経営 責任者(CEO)は11日のニューヨークでの会議で、利益への寄与が 過去数年間と同じような度合いで年末まで「続けば驚きだ」と語った。

保険会社は、過去の決算期に販売した保険の損失に備えるために 積んだ準備金を減らすことにより、利益を計上できる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE