米JPモルガンCEO:今年4-6月期の増配実施を期待

米銀JPモルガン・チェースのジ ェームズ・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、金融危機のさなか に削減した配当を今年4-6月(第2四半期)から引き上げる意向を 明らかにした。

ダイモンCEOは11日、サンフランシスコで開いたヘルスケア関 連会議の際に経済専門局CNBCとのインタビューで、「どのような基 準で配当支払いや自社株買いなどを認めるかについて、規制当局から の指針を待っている」段階だと説明。これらの実施は「第2四半期に なりそうだ」と述べた。

同CEOは会議で、取締役会は具体的な増配額を決めていないが、 同行は将来的に配当性向を30-35%に引き上げたいと語った。その上 で、「銀行を通常の状態に戻すことは良いことであり、悪いことではな い」と述べた。

同行は09年に四半期配当を1株当たり5セントに減額したが、ダ イモンCEOは昨年10月に、11年1-3月(第1四半期)に増配で きると「当然期待している」いると述べていた。

同行は14日に10-12月期決算を発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE