ABCマト株半年ぶり高値、3-11月純利益34%増と増配

靴小売店をチェーン展開するエー ビーシー・マート株が3日続伸。メンズブーツの販売好調などを受け、 2010年3-11月の連結純利益は前年同期比34%増になったと、11日 に発表。併せて配当計画も増額修正したため、良好な収益環境を評価 した買いが優勢となった。

株価は一時前日比4.5%高の3110円と昨年7月8日以来、およそ 半年ぶりの高値水準を回復した。

メンズブーツやビジネスシューズの好調に加え、豊富な商品を用 意したレディースシューズも伸び、昨年3-11月の連結純利益は前年 同期比34%増の136億円となった。据え置かれた通期計画(175億円) に対する進ちょく率は77%。また、今期末に上場10周年記念配当を 実施、年間配当予想を従来から10円増額し48円とする方針も示した。

いちよし経済研究所の林晃弘シニアアナリストは増配について、 株主還元の重視といった観点だけでなく、「経営陣の通期計画達成に向 けた自信の表れでもある」と話し、高く評価した。

消費者の低価格志向、買い控え傾向が続く中、ABCマトでは商 品構成の見直しや価格設定に幅を持たせることで、顧客ニーズに対応 できる商品訴求を強化し始めている。店舗立地特性に応じた品ぞろえ 注力が奏功し、「クオリティやファッショントレンドを重視する都心部 の客層が戻りつつある」と、林氏は見ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE