エアバス:インディゴから「A320」180機受注へ-史上最高

欧州の航空機メーカー、エアバス は、インドの格安航空会社インディゴが、小型機「A320」シリーズ 180機を発注する計画だと発表した。発注額は表示価格ベースで総額 150億ドル(約1兆2500億円)相当と、航空業界史上で最大規模とな る。

エアバスが11日発表した資料によれば、通路が一本の狭胴機 「A320」機の発注計画には、燃費効率の高い新エンジンを搭載した新 型機種150機と、現行機種30機が含まれる。

インドでは経済成長に伴って所得が増加し、航空旅客数が増えてい る。同国のシン首相は昨年、同国の航空旅客数は2020年までに年間1 億8000万人と4倍に膨れ上がるとの見通しを示した。インディゴは現 在、「A320」32機を運航している。

10年の価格表によると、現行の「A320」は8140万ドル。エアバ スによれば、新型機は600万ドル高い。同機の納入開始は16年初めで、 15年間で最大4000機の受注を見込んでいるという。新型機への発注 計画はインディゴが初めて。

エアバスのジョン・リーヒー最高執行責任者(COO)によると、 確定発注の手続きは約2カ月後に行われる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE