債券は続伸、10年債の1.2%付近に買い需要-入札前に30年債は軟調

債券相場は続伸。10年債の利回 り1.2%付近で投資家の買いが入ったことを受け、午後の先物市場には 売り方の買い戻しが膨らんだ。一方、あすに30年債入札を控えている こともあって超長期債相場は軟調な推移が続いた。

岡三アセットマネジメントの山田聡債券運用部長は、今晩の米10 年債入札を見極めたいタイミングだが、あすの30年債入札の無難見通 しを背景に金利が上がりにくい雰囲気もあったと言い、「足元の金利水 準では積極的には買えないが打診的な買いは入った」とも言う。

東京先物市場の中心限月の3月物は、前日比7銭安い139円95 銭で始まり、いったんは139円84銭まで売り込まれた。その後は139 円90銭付近でもみ合っていたが、午後1時前から買いが優勢となると 一時は20銭高の140円22銭まで上昇。その後も140円10銭台で堅 調に推移して、結局は14銭高の140円16銭で取引を終えた。

米国の金利上昇や株高が午前の国内債市場で売り材料視されてい た。HSBC証券の白石誠司チーフエコノミストは、米金利上昇などを 反映して先物が弱含みとなったほか、超長期債にはあすの30年債入札 に向けた準備の売りが続いたと話していた。

きのうの米国債市場では12、13日に実施の10年債と30年債の 入札への警戒感から売りが優勢となり、米10年債利回りは6ベーシス ポイント(bp)高い3.34%付近で引けた。一方、米国株市場では原油 高に伴ってエネルギー株が買われる展開となり、ダウ工業株30種平均 など主要な株価指数は4営業日ぶりに上昇した。

しかし、30年債入札について市場で無難な結果見込まれるほか、 午前には投資家から10年ゾーンなどに買いが入いり、これを受けた先 物市場には買い戻しが膨らんだ。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊債券ストラテジ ストは、投資家の現物買いは腰の入ったものではないが、10年ゾーン より短い年限で打診的に入ったようだと言い、「午後には日経平均株価 の伸び悩みもあって債券先物が買い戻された」との見方を示した。

10年債利回りは1.175%

現物市場で新発10年物の312回債利回りは、11日終値より1bp 高い1.20%で始まった。開始後しばらくは1.20%での横ばい推移と なり、その後に買いが優勢となると1.185-1.195%となった。午後に 入ってさらに買いが膨らむと1.17-1.18%で取引されている。

米国の金利上昇などを手がかりに312回債には売りが先行したが、 市場では10年債の1.2%台での買いを期待する見方もあった。きょう の取引では利回り1.1%台後半でも需要が見られたことについて、岡三 アセットマネジメントの山田氏は、もともと1.2%付近での水準感がで きていた上、米雇用統計が特段の債券売りの材料とならなかったことで 、一部の投資家は買いのタイミングを探っているとの見方を示した。

HSBC証の白石氏は、米国市場が雇用統計発表後も比較的に動 意が乏しく、国内債市場も方向感の定まらない展開としながらも、日本 銀行が当座預金残高を高水準に維持していることで短中期の金利が安定 しており、10年超の年限も売られにくい地合いだと話した。

一方、超長期債相場は軟調推移が続いて、午後4時10分現在で 30年物の33回債利回りは2.5bp高の2.13%、20年物の123回債も

2.5bp上昇して1.97%となった。三菱UFJモルガン・スタンレー証 の稲留氏は、中長期ゾーンで買いがやや優勢だったわりに、超長期債は 30年債の入札を前に軟調な展開となっており、「証券会社にとっては ヘッジがうまく効いている状態ではないか」との見方を示した。

あす30年債入札、2.1%台の需要が支えに

財務省はあす13日に30年利付国債(1月発行)の価格競争入札 を実施する。新発30年債は昨年9月に入札された33回債と銘柄統合 されるリオープン発行となり、表面利率(クーポン)は2.0%に据え置 かれる。発行予定額は6000億円程度。

30年物の33回債利回りは昨年10月には一時1.75%まで低下し たが、この水準からは売りが膨らんで12月8日には直近ピークの

2.245%を付けた。その後の1カ月は2.1%を中心としたもみ合いが続 いているが、三菱UFJモルガン・スタンレー証の稲留氏は、10月以 降の30年債の平均金利は2.04%なので、これを上回る水準での入札 となれば生命保険会社などの需要を確認することになるとみている。

大和証券キャピタル・マーケッツの小野木啓子シニアJGBスト ラテジストは、30年債の2.1%程度では投資家需要に不透明感が強い としながらも、きのうの流動性供給入札を無難にこなしたことから、あ すの入札はやや低調ないしは無難な結果ではないかとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE