TOPIX1カ月ぶり4連騰、金融中心に買い-午後は失速

東京株式相場は上昇し、TOPI Xは約1カ月ぶりに4連騰。米国を中心とした景気回復への期待や過度 な欧州債務懸念の後退で、銀行など金融株、輸送用機器株などが買われ た。不動産は東証1部の業種別上昇率1位。

半面、短期的な相場の過熱感が警戒される中、精密機器や電機、機 械株などは午後になって下げ転換。海運やパルプ・紙なども軟調で、株 価指数は取引後半に伸び悩みが鮮明だった。

TOPIXの終値は前日比2.70ポイント(0.3%)高の929.64、 日経平均株価は2円12銭(0.02%)高の1万512円80銭。日経平均は 終了間際に下げに転じる場面もあった。

ユナイテッド投信投資顧問の井上淳最高投資責任者(CIO)は、 「年初から発表された米経済指標は景気がもう一段持ち直してきたこと を示しており、グローバルなデフレリスクは相当遠のいた」と指摘。デ フレ下では手が出せなかった銀行や不動産は、「リスク後退で割安感が 評価されやすい」との見方を示した。

欧州連合(EU)設立の欧州金融安定ファシリティー(EFSF) が発行する債券の購入を日本政府が表明したことを受け、11日のニュ ーヨーク外国為替市場ではユーロが円に対し、約6週間で最大の上げを 記録した。きょうの東京時間でも為替動向が落ち着いていたことで、輸 送用機器や内需の出遅れ業種中心に見直し買いが優勢になった。

上昇率上位に金融、大型株に海外勢買い観測

業種別で上げが顕著だったのは金融株。東証1部の業種別上昇率上 位には銀行、保険、その他金融が入った。三菱UFJモルガン・スタン レー証券の藤戸則弘投資情報部長は、「米経済統計の上振れ傾向による 世界景気回復で日本が恩恵を受けるなら、株価位置が高い輸出関連より 相対的に株価位置が低い時価総額上位銘柄はどこかを考え、新年度入り した海外年金と見られる買いが入っている」と話していた。

TOPIXでは、ミッド400指数や時価総額が相対的に小さい銘柄 で構成するTOPIXスモール指数が下げた半面、時価総額や流動性が 最も高い30銘柄で構成されるTOPIXコア30指数は0.9%高と堅調 だった。岡三証券の森本敏喜商品運用部長によれば、「午前にTOPI Xコア30中心に海外からと見られる大口買いが入り、それが循環的に 金融株に波及した」という。

TOPIXと日経平均はともに、午前の取引では日中ベースで昨年 5月以来の高値を更新したものの、午後は失速。この日はJVC・ケン ウッド・ホールディングスが値幅制限いっぱいのストップ安、高岳製作 所も急落するなど、直近で値上がりが顕著だった材料株の下げもきつか った。東証1部の値上がり銘柄数は595と、値下がりの911を下回る。

東証1部の値上がり、値下がり銘柄数の百分比を示す騰落レシオ (25日平均)は11日時点で152%と、昨年12月15日以来の150%超 の高水準にあった。「昨年末から右肩上がりで相場が上昇して、テクニ カルでは過熱感も出ている。時間の経過によって過熱感を冷ます必要あ る」と、ユナイテッド投信の井上氏は指摘している。

宇部興が大幅高、タクトホムは下落

個別の材料銘柄では、2011年3月期の連結営業利益が従来予想を 上回る見通しと12日付の日本経済新聞朝刊が伝え、野村証券が業績の 上振れに違和感はないとコメントした宇部興産が急伸。発行済み株式総 数の1.23%を上限に自社株を取得するJSR、リチウムイオン電池電 解液の本格出荷見込みなどを評価し三菱UFJモルガン・スタンレー証 券が投資判断を「アウトパフォーム」としたセントラル硝子も大幅高。

半面、分譲住宅の販売は足元で好調だが、11年5月期の売上高見 通しを従来通りに据え置いたことが嫌気されたタクトホームが急落。12 月の月次売上高が会社計画を下回ったのはネガティブ、と大和証券キャ ピタル・マーケッツが指摘したホクトは4日ぶり反落した。バークレイ ズ・キャピタル証券が業績予想を下方修正し、格下げしたアルフレッサ ホールディングスも反落。

新興市場は高安まちまち。ジャスダック指数の終値は前日比0.3% 高の53.04と4連騰したが、東証マザーズ指数は0.2%安の458.34と 4日ぶりに反落した。個別の材料銘柄では、10年9-11月の受注好調 を受けてエヌ・ピー・シーが大幅続伸し、10年11月期連結純利益が従 来予想を上回ったもようのサムティも急騰。半面、野村証券が投資判断 を引き下げたミクシィは下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE