仙谷氏:通常国会召集日、常識的には24日-去就明言せず(Update1)

更新日時

仙谷由人官房長官は12日午後の記 者会見で、通常国会の召集日は常識的には24日になるとの見通しを示 したが、内閣改造・党役員人事の焦点となっている自らの去就につい ては「首相に聞いてもらわないと分からない」と述べるにとどめた。

仙谷氏は14日に開かれる予定の衆院議院運営委員会理事会には自 ら出席して国会日程を説明する考えを強調。政府としては24日に国会 を召集する考えかとの質問に対し、「常識的にはそんな感じなのだろう が、まだ閣議決定していないので、いつからかというのはまた別途の 問題だ」と語った。

菅直人首相(民主党代表)が通常国会前の断行を模索している内 閣改造・党役員人事については「首相の頭の中にまだ入っていて、私 どもは垣間見ることができない」と指摘した。

ただ、14日に仙谷氏が官房長官として議運理事会に出席する場合 は続投を内外に示すことになると思うかとの質問には、「はい。まあ、 そういうことになるだろう」と語った。

内閣改造・党役員人事をめぐっては、参院で問責決議案が可決し た仙谷官房長官と馬淵澄夫国土交通相が交代するかどうかが最大の焦 点となっている。自民党などは両氏が続投する場合、反発を強めるの は必至だ。

一方、菅首相は12日夜、官邸で記者団から内閣改造を14日に断 行するか聞かれ、「いまいろいろ時間的な調整を行っている」と指摘。 仙谷氏を交代させるかどうかについては「そのこともしっかり考慮中 だ」と述べるにとどめた。

両院議員総会

これに先立ち、民主党は国会近くの憲政記念館で両院議員総会を 開催。党代表の菅首相は冒頭のあいさつで、今後の政権運営について 「1年半前に成し遂げた政権交代は決して一時的なことでくじけるも のではない。自信を持って前へ進んでいこう」と結束を訴えたが、出 席者からは首相や岡田克也幹事長の党運営に対する不満や、4月の統 一地方選への不安を訴える声が相次いだ。

民主党は13日午後に千葉市内で党大会を開催。その後、首相は党 代表として記者会見し、今後の党運営などについて見解を表明する。

--取材協力:坂巻幸子 Editor: Hitoshi Sugimoto, Norihiko Kosaka

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港  Peter Hirschberg

+852-2977-6934 phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE