豪ブリスベーン襲った洪水、1893年以降で最悪-住民ら避難急ぐ

オーストラリア第3の都市ブリス ベーンは、豪雨による河川の増水により1893年以降で最悪の洪水に見 舞われ、住民らは避難を急いでいる。

豪州北東部クイーンズランド州のブライ州首相は12日、テレビ局 チャンネル9とのインタビューで、同州で10日に発生した鉄砲水によ り10人が死亡、90人以上が行方不明になっていることを明らかにした。 死者数は2倍以上に増える可能性があり、ブリスベーンの住民は大規 模な混乱に備える必要があると訴えた。

石炭やサトウキビの産地として知られるクイーンズランド州は、 豪雨の影響により2週間以上にわたって打撃を受けている。人口100 万人を超える沿岸都市ブリスベーンの空港は避難住民でいっぱいの状 態だ。イエロンガなど海抜の低い郊外地域も洪水に見舞われ始めてお り、自宅にとどまっている一部の住民は食料品の買いだめを急いでい る。

ブライ州首相は11日夜、報道関係者への説明会で「われわれは最 も厳しい試練の1つに直面している。とても恐ろしい経験をしている。 行方不明者について引き続き非常に憂慮している」と語った。

豪州の経済成長が鈍化するとの懸念が高まるなか、豪ドル相場は 1豪ドル=0.9821米ドルと、1カ月ぶりの安値に下落。豪州産発電用 石炭は洪水の影響で生産が減少し、価格が上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE