加ドル:上昇、原材料値上がりで-対米ドルで08年以来の高値近辺

11日の外国為替市場でカナダ・ド ルは米ドルやユーロ、円に対して上昇。原油や銅など原材料の値上が りを受け、世界成長との関連性の高い通貨の魅力が高まった。

カナダ・ドルは主要16通貨中11通貨に対して上昇。欧州金融安 定ファシリティー(EFSF)が発行する債券を日本が購入すると表 明し、世界の株価が上昇したのを受けて、対米ドルでは2008年5月以 来の高値近辺で推移した。

カナダ・ドルはトロント時間午後5時(日本時間12日午前7時) 現在、1米ドル=0.9905カナダ・ドル(1カナダ・ドル=1.0096米ド ル)。一時は前日比0.4%高の0.9893カナダ・ドルを付けた。今月3 日には0.9889カナダ・ドルと、08年5月以来の高値に上昇していた。

対ユーロでは同0.1%高の1ユーロ=1.2851カナダ・ドル。前日 は一時1.2761カナダ・ドルと、昨年6月以来の高値を付けていた。円 に対しては同1%高の1カナダ・ドル=84円05銭。

カナダ国債相場は下落。10年物国債(表面利率3.5%、2020年6 月償還)利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 して3.22%(前日は3.17%)と、3日連続の利回り低下から反転。価 格は41セント安の102.25カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE