米マイスペース、全従業員の47%削減へ-赤字削減目指す

【記者:Andy Fixmer、Sarah Rabil】

1月11日(ブルームバーグ):米メディア企業ニューズ・コープの ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)部門、マイスペ ースは全社員の47%を削減する。親会社のニューズ・コープはマイス ペースの売却を準備していると報じられている。

マイスペースが11日に電子メールで配布した発表資料によると、 同社は広範な事業再編に伴い全部門で計約500人を解雇する。また、 英国、ドイツ、オーストラリアで地元企業などと提携し、広告やコン テンツ管理を手掛ける。

赤字削減と事業立て直しを進めるマイク・ジョーンズ最高経営責 任者(CEO)は、利用者同士を引き合わせることではなく、利用者 の音楽・動画検索を手助けする役割を中心とするスタイルへとサイト を刷新。さらに売上高がニューズ・コープの見通しを下回ったことを 受け、先月には米グーグルと広告契約を更新し、ディスプレー広告を 追加した。

ジョーンズCEOは発表資料で、「今回の厳しいが必要な変更は、 持続可能な成長と収益性に向けた明確な道筋を確保するために実施す る」とし、「見直しは単に過去から引き継いだ問題に関連するものであ って、新しい商品の業績を反映するものでは全くない」と説明した。

ニューズ・コープ傘下のサイト、オール・シングスDの10日の報 道によると、マイスペースは事業再編後に売り出される見通し。プラ イベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社や米ヤフーに売却の 提案が持ち込まれる見込みだという。

マイスペースは広告売上高減少とSNSのライバルだったフェー スブックに国内利用者数で追い越された後の2009年6月に、全従業員 を30%削減した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE