バーゼル委、債務証券の資本計上必要基準を週内発表へ-銀行救済で

バーゼル銀行監督委員会は、債務 証券を銀行資本として計上するために満たす必要のある基準を週内に も打ち出す可能性がある。国際展開する金融機関が破綻寸前となった 際、これらの証券が救済に寄与するのを確実にさせる。

バーゼル委はこれらの証券を銀行の資本の一部として計上させ、 確実に損失の吸収や普通株への転換につなげたい考え。同委の11日 の電子メールによれば、この案は「今後数日中」に公表される予定。

監督当局は2008年の米リーマン・ブラザーズ・ホールディング ス破綻を受けた金融危機の再発防止を目指している。同危機では欧州 連合(EU)だけで銀行救済のために5兆ドル(約417兆円)を超え る公的資金を用意した。EUの行政執行機関、欧州委員会は今月6日、 経営難の金融機関の救済で公的資金に頼る前に優先債の元本削減を監 督当局に認めることを提案した。

バーゼル委でスウェーデン中央銀行代表を務めるヨナス・ニーマ イヤー氏は電話インタビューに答え、この措置について昨年11月30 日と12月1日の会合で「基本合意した」ことを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE