米国株:反発、決算を好感-原油高でエネルギー株上昇

米株式相場は反発。S&P500 種株価指数は4営業日ぶりに上昇した。シアーズ・ホールディングス の利益見通しやレナーの決算が市場予想を上回ったことが好感された。 燃料価格が値上がりしたことも、エネルギー株の買いにつながった。

米百貨店運営最大手のシアーズと住宅建設のレナーが高い。同じ く決算が予想を上回った教育機関運営のアポロ・グループも値上がり。 原油相場が1週間ぶりの高値となるなか、シェブロンやシュルンベル ジェも上昇。モルガン・スタンレーが買いを勧めたバンク・オブ・ア メリカ(BOA)も上げた。

S&P500種株価指数は前日比0.4%高の1274.48。2008 年9月以来の高値水準に接近した。ダウ工業株30種平均は34.43 ドル(0.3%)上昇の11671.88ドル。

スタイフェル・ニコラスの市場ストラテジスト、ケビン・キャロ ン氏は「株式相場には依然として強い勢いがある」と指摘。「業績面 では引き続き改善が示されている」とし、「米景気の拡大継続を仮定 するなら、株式市場はまずまずの状態にある」と述べた。

S&P500種は、2009年3月の安値から88%上昇。政府の景 気刺激策や企業が予想を上回る決算を発表したことが背景にある。

「Eミニ」

株式相場は一時上げを消す場面もあった。ブルームバーグのデー タによると、S&P500種に連動する「Eミニ」先物の出来高がニ ューヨーク時間の午後1時8分に急増した。午後1時12分の同先物 3月限の出来高は2万4000枚以上と、1分間の出来高としてはこ の日の最大だった。

米財務省は午後1時に320億ドルの3年債入札を締め切った。 同年債を含め、今週実施される3回の入札の発行総額は660億ドル。 この日の3年債入札で、最高落札利回りは1.027%と、ブルームバ ーグがプライマリーディーラー6社を対象にまとめた入札直前の予想 の1.034%を下回った。

ミラー・タバクの株式ストラテジスト、ピーター・ブックバー氏 は顧客向けのリポートで「株式相場が上げを削り始めたのは3年債 入札の直後だったが、入札では株の売りにつながるような異常なこと は何もなかった」と指摘した。

この日の米株式相場は、欧州株が上昇した流れを引き継いだ。日 本政府は、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)発行の債券を購 入すると表明し、中国に続いて域内支援に加わったことが好感された。

シアーズやレナーが高い

シアーズは6.3%高。同社は10年11月-11年1月(第4四 半期)の1株当たり利益が調整前ベースで3.39-4.12ドルになる との見通しを示した。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平 均は3.05ドルだった。

レナーは7.1%高。同社の10年9-11月(第4四半期)決算 は、コスト削減が奏功しアナリスト予想を上回った。純利益は一部項 目を除いたベースで1株当たり17セント。アナリストの予想平均は 約1セントだった。

アポロ・グループは13%高と、S&P500種の値上がり率トッ プ。10年9-11月(第1四半期)決算は1株当たり利益が1.63 ドルと、市場予想の1.35ドルを上回った。

エネルギー株指数は1.6%高と、S&P500種の業種別10指 数で値上がり率トップ。ニューヨーク原油先物相場は1週間ぶりの高 値となった。メキシコ湾で起きた英BP油井での原油流出について、 米政府調員会は政府規制および石油業界の慣行全体の「改革が急務」 とする最終報告書を発表した。

シェブロンは1.6%高。シュルンベルジェは2%上昇。

BOAは2%高と、ダウ30種平均の値上がり率トップ。モルガ ン・スタンレーは同社の買いを推奨した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE