NY外為:ユーロ、円に対し6週間で最大の上げ

ニューヨーク外国為替市場では、 ユーロが円に対し、約6週間で最大の上げとなった。欧州金融安定フ ァシリティー(EFSF)がアイルランド支援に向けて月内に発行を 予定している債券について、日本政府が購入の意向を示したことが材 料。

オーストラリア・ドルは米ドルに対し1カ月ぶり安値に下落。豪 州での洪水では、ブリスベーンでも住民が避難を始めた。スイス・フ ランはドルとユーロに対して値下がり。スイス国立銀行(SNB、中 央銀行)がフラン高抑制に向け行動を起こすとの見方や日本政府によ る欧州支援表明で、逃避需要が後退した。

先物ブローカー、MFグローバル・ホールディングスのアナリス ト、ジェシカ・ホバーセン氏(シカゴ在勤)は「日本はユーロ支援に 向けて行動している」と指摘。「ユーロ圏は債務危機の解決に取り組 んでいるが、今では多国間での支援が必要なようだ。中国と日本によ る債券購入は、それに向けた第一歩だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時2分現在、ユーロは対円で1ユーロ =108円ちょうどと、前日の107円12銭から0.8%高。一時

1.1%高と、取引時間中としては昨年12月1日以降で最大の上げと なる場面もあった。対ドルでは0.2%上げて1ユーロ=1.2979ドル (前日1.2951ドル)。ドルは円に対し0.6%上昇の1ドル=83円 23銭(前日82円71銭)。

メキシコ・ペソは主要通貨すべてに対して上昇。国際通貨基金(I MF)が10日、メキシコに対し、IMF史上最大となる信用枠を承 認したことで、同国経済への信頼感が高まった。

ペソは対ドルで0.6%高の1ドル=12.1427ペソ(前日

12.2141ペソ)。

クローナ

スウェーデン・クローナはユーロに対し、一時0.5%高の1ユー ロ=8.8650クローナと、2003年9月以来の高値に上昇した。

スウェーデンの銀行SEBによれば、経常黒字および財政黒字に 加え、景気回復が欧州の中で最も力強いことから、投資が加速し、ク ローナは上げが拡大するとみている。

SEBのチーフ為替ストラテジスト、カール・ハンメル氏は調査 リポートで、「スウェーデンは輸出が力強く、内需の堅調さも増して いることから、引き続き潜在成長率を上回るペースで成長するだろう」 と記した。

スイス・フランは対ユーロで0.8%安の1ユーロ=1.2634フラ ン。対ドルでは0.6%下げて0.9735フラン。

フランはユーロに対し、過去1年間で17%上昇。ユーロ圏の債 務危機が悪化するとの懸念から、安全資産としての需要が高まった。

フランの影響

スイスの政策当局者らは、14日に労働組合や企業と会合を開き、 フラン高の経済への影響について話し合う見通しだ。スイス紙ノイ エ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)日曜版が先週末、情報 源を明示せずに伝えた。

スイス中銀のアベッグ報道官はブルームバーグ・ニュースの取材 に対し、コメントを控えた。

豪ドルは対米ドルで0.9%安の1豪ドル=0.9871米ドル。一時

0.9821米ドルと、昨年12月9日以来の安値を付けた。対円では

0.3%下げて82円13銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE