欧州債:アイルランドなどの周辺国債が上昇-ECBの買い入れで

欧州債市場ではギリシャとアイ ルランドの国債相場が上昇。欧州中央銀行(ECB)が両国の国債を 買い入れたとトレーダーの1人が明らかにした。市場ではポルトガル が救済要請を余儀なくされるとの懸念が高まっている。

ドイツ国債は一時下げ、10年債利回りはほぼ2週間ぶりの大幅 上昇となった。欧州連合(EU)各国が4400億ユーロ規模の救済基 金の拡大について協議をしているとの米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ)報道が背景にある。

ギリシャとイタリアの国債入札は応札が弱く、借り入れコストが 上昇した。ベルギー10年債の同年限のドイツ国債に対するプレミア ム(上乗せ利回り)は過去最大となった。ポルトガルは12日に満期 2014年と20年の国債を発行する。

WestLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏は、 「周辺国債はECBの購入を材料に上げたようだ」と述べ、「ポルト ガルの国債入札が非常に注目されている。支援要請を回避できるとは 想像し難い」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時26分現在、ポルトガル10年債利回りは 前日比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

7.08%。同国債(表面利率4.8%、2020年6月償還)価格は0.695 ポイント上げ84.64。アイルランド10年債利回りは34bp下げ

8.81%、ギリシャ10年債の利回りは70bp低下し11.84%。

トレーダー2人によると、ECBはポルトガル国債も購入した。 関係者らは匿名を条件に発言した。ECBの報道官はコメントを控え た。

ドイツ10年債利回りは前日比1bp低下の2.86%、独2年債 利回りは変わらずの0.87%。日本政府による債券購入計画が材料と なった。野田佳彦財務相はアイルランド救済のために欧州連合(EU) が設立した欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の発行する債券 を、日本が購入する方針であることを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE