中国人民元:約2週間ぶり大幅上昇-胡主席の訪米控え元高容認観測

中国人民元は11日、約2週間 ぶりの大幅高となった。胡錦濤国家主席の訪米を来週に控え、中国 人民銀行(中央銀行)が元上昇を容認するとの観測が広がった。

人民銀はこの日、人民元の中心レートをドルに対して前日比

0.2%元高水準の1ドル=6.6216元に設定した。これは昨年11 月11日以来の大幅な引き上げ幅。前日のドル指数の下落率は

0.16%だった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 上海時間午後4時半(日本時間同5時半)現在、前日比0.27%高 の1ドル=6.6200元。上昇率は昨年12月30日以来で最大とな った。1年物のノンデリバラブル・フォワード(NDF)は同0.3% 高の1ドル=6.4440元。NDFは元が今後1年で2.7%上昇する との見通しを織り込んでいる。

--Sonja Cheung. Editor: Simon Harvey, Sandy Hendry

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Sonja Cheung in Beijing at +86-10-6649-7574 or scheung58@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE