米ベライゾン、iPhone販売へ-初年度の購入助成金は50億ドルか

米携帯電話サービス最大手のベラ イゾン・ワイヤレスは、アップルの携帯電話端末「iPhone(ア イフォーン)」の販売を月内から開始する。同社は今年、30億ドル(約 2490億円)-50億ドルを使って加入者の同端末購入を助成する見通し で、利益の圧迫要因になるとアナリストらはみている。

ベライゾンは、11日にニューヨークで開く催しでiPhoneの 販売を手掛けることを発表し、月内に取り扱いを開始する予定。同社 の計画に詳しい関係者1人が今週、計画が未公表であることを理由に 匿名で明らかにした。

UBSのアナリスト、ジョン・ホデュリク氏は、ベライゾンはi Phone販売により、現在同端末を独占販売しているAT&Tを上 回る加入者を今年獲得することができるものの、同時に利益を圧迫す ることにもなるとの見方を示した。同氏の予想では、ベライゾンの今 年のiPhoneの販売台数は1300万台となる見込みで、助成金が1 台当たり400ドルなら、総額で52億ドルとなる。

ホデュリク氏は、「顧客に400ドルの小切手を渡すようなものだ」 と述べ、「第1四半期(1-3月期)と第2四半期(4-6月期)のマ ージンはかなり大きく減少すると予想している」と述べた。

バークレーズのアナリスト、ジェームズ・ラトクリフ氏は、ベラ イゾンの今年のiPhone販売台数は少なくとも900万台となり、 助成金は1台当たり約350ドル、総額で最高32億ドルになるとみてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE