中国の不動産市場はバブルでない、家計所得増加-CLSAロスマン氏

中国の不動産市場はバブルではな いと、CLSAアジア・パシフィック・マーケッツのストラテジスト、 アンディ・ロスマン氏は指摘した。家計所得の増加ペースが住宅価格 の上昇に沿った水準であることを理由に挙げている。

ロスマン氏は10日、上海の事務所でブルームバーグ・ニュースの インタビューに応じ、都市部の中国人の大半が居住するいわゆる2級 都市の住宅価格は、北京や上海などの大都市を約75%下回っており、 値上がりペースもより緩やかだと述べた。

同氏は「借入金による投機は少なく、住宅価格上昇は所得の伸び に沿った水準であるので、住宅市場はバブルではない」と指摘。「住宅 市場の個々の部分では問題を抱えているのは明らかだが、構造的な問 題は見られていない」と説明した。

2001年の米エンロンの破たんを最初に予測した投資家の1人で あるヘッジファンドマネジャーのジム・チャノス氏は先月、不動産開 発を経済成長の頼みの綱としていることを理由に、中国は「地獄への 道筋」にあるとの見方をあらためて示した。元モルガン・スタンレー のエコノミスト、謝国忠氏は昨年9月、ブルームバーグ・ニュースに 寄稿し、大都市の不動産価格は向こう5年間で半額以下に値下がりす る公算が大きいとの見通しを示していた。

ロスマン氏は北京や上海、広州、深センなどについて、過度に住 宅価格が上昇している大都市が国内の新築住宅販売に占める割合は約 5%にすぎないと指摘。同氏によれば、過去6年間の国内全域の不動 産価格上昇率は平均10%。家計所得の上昇率は平均13%だという。

--Zhang Shidong. With assistance from Margaret Conley. Editors: Allen Wan, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE