野村証:年末のドル・円予測を1ドル=90円に修正

野村証券は11日付のリポートで、 米経済や金利見通しの上方修正に合わせて、2011年のドルの対円相場 予測も円安・ドル高方向に修正した。12月末時点で1ドル=90円(前 回は85円)、3月末時点では85円(同80円)にそれぞれ改定した。

同社の為替ストラテジスト、田中泰輔氏らは、同リポートで、米 国の減税措置継続が表明されたのに加え、「最近の米経済指標の良好さ から先行きの悲観的見方は大きく後退している」と、ドル・円相場予 測修正の理由を挙げた。

ドル・円相場は年明けの3日、約2カ月ぶりの円高水準となる1 ドル=80円93銭を付けるなど、円最高値更新に迫る場面も見られた が、同社は日本勢の対外投資フローが年末年始を通じて鈍いままだっ たことなどが原因と分析。米金利の上昇を背景に、本来なら86-87 円まで円安・ドル高が進んでもおかしくなかったと指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE