中国株(終了):上海総合指数、上昇-銀行と不動産株が高い

中国株式市場で、上海総合指数は 上昇。バリュエーション懸念を背景に小型株の一角は下落したものの、 昨年の新規融資が政府目標を上回ったことを受けて、銀行と不動産株 が値上がりした。

中国の銀行、中国工商銀行(601398 CH)が高い。中国の銀行の昨 年の新規融資は7兆9500億元(約100兆円)に達した。中国最大の不 動産開発会社、万科企業(200002 CH)と同2位の保利房地産集団 (600048 CH)も上昇した。

医薬品メーカーの康美薬業(600518 CH)と発光ダイオード(LE D)チップメーカーの三安光電(600703 CH)などは下落。業績の伸び 予想に比べて株価上昇は行き過ぎとの懸念が広がった。

上海坤陽投資管理のファンドマネジャー、戴明氏は「大型株のバ リュエーションが魅力的であることから、小型株から大型株への乗り 換えが見られた」と指摘。「昨年とは逆に、大型株の今年のパフォーマ ンスは小型株を上回る可能性がある」と予想した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は、前日比12.24ポイント(0.4%)高の2804.05 で終了。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は 同0.5%高の3124.92。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE